離婚の慰謝料

離婚における慰謝料というのは様々なケースで発生します。
どちらか一方に離婚の原因がある場合には離婚の原因を作った側が慰謝料を支払うことになりますが、ここでの離婚の原因についても、あからさまな不貞行為を働いたという場合や家庭内暴力が続いていると場合など、それぞれの夫婦によって金額や理由は変わってくるものです。


また、離婚に対しては、必ずしも慰謝料が発生するものではなく双方での性格の不一致などにあって離婚する場合には金銭的な問題について、お子様がいる場合の養育費に関してのみでそれ以外には特にないといったケースもあります。
実際に慰謝料の支払いを行うケースであっても支払う金額には様々な違いがあり、無理に一括で支払うものではなく離婚後の生活状況に応じて支払っていくといったものになります。
離婚が成立すれば、必ずしも支払うものとしてあげられるものではありませんので覚えておくと良いでしょう。


特に夫婦での共同財産となるこれまでの預貯金や、共働きをしながら夫婦でローンを組んだ住宅などに関しては双方で折半することになり、このような部分に関してもどちらか一方が折半する部分については放棄した上で、放棄した部分を慰謝料の代わりにするといったケースがあるようです。
本当にそれぞれのご夫婦によって金額から支払方法までが違っているものですから、初めから金額の提示などをするのではなく、十分な話し合いを持たなくてはなりません。
どちらか一方にあからさまな原因がある場合にはそういった経緯も含めて専門家に相談し公正証書を残すようにしておきましょう。